仙台七夕祭りとは?

仙台七夕祭りは伊達政宗公の時代より続く日本一豪華絢爛な七夕祭りです。東北三大祭の一つとも呼ばれています。
度々襲う冷害を乗り越えようと、田の神に豊作を祈ったことで盛んになったようです。
そして仙台七夕祭りの最大の特徴といえば毎年新年に手作りされる豪華絢爛な笹飾りです。祭り前の8月4日の早朝に各商店では長さ10メートル以上の巨大な竹を山から切り出し、小枝を払い、飾りつけの準備をするそうです。
この笹飾りの内容は企業秘密になっており、当日の8月6日に初のお披露目になるそうです。なぜ当日まで企業秘密かというと、七夕祭りで笹飾りの豪華さを競い合うからです。各商店街ごとに飾りつけ審査が行われ、金、銀、銅の各賞が発表されるのです。
このように各商店街同士で競い合うように笹飾りを作っていたら、地域一帯がかなり盛り上がるのも納得ですね。今では地域一帯では収まりきらず全国から人々が押し寄せる日本で最大の七夕祭りに発展しました。
そして8月5日(月)には祭りの前夜祭とも呼ばれる仙台七夕花火祭が開催されます。
仙台七夕花火祭・開催概要仙台七夕花火祭の開催概要を簡単に紹介します。
花火最後に、仙台七夕祭りで存分に楽しんでいただくために、持ち込んだゴミは持ち帰るようにお願いします。みんなでマナーを守って最高の仙台七夕祭りにしていきましょう。
https://産み分けゼリー妊娠.xyz/